健康で幸せなカップル

低用量ピルは避妊にも効果を発揮しますが、不正出血や生理不順に対しても効果があります。卵巣がんの予防や月経不順の改善にも役立つので身体を健康に保つという意味でも使用するのはとても良いことです。

低用量ピルと学会について

低用量ピルには、色々な効果があります。

まず、低用量ピルは、月経困難症という生理痛の酷い、激しい痛みを持つ方を救ってくれる役割をもっており、この低用量ピルのおかげで、月経困難症を治すことができた!という方もおられます。

また、よく聞く更年期障害、この病気の治療にもピルが使用されます。

なぜ更年期障害や月経困難症にこのように低用量ピルが使用されるのか?というと、女性ホルモンの働きを調整してくれたり、整えてくれる役割がピルにはあるため、このような症状の方に使用がされています。

しかし、個人差があるため、または他に飲んでいる薬があるため、処方があっても、実際に使ってみても症状が良くならなかった…というケースもあるため、そこは個人差がどうしても出てしまうものでもあります。

この低用量ピルですが、また一方で、避妊のための薬としての一面も持っています。

学会などで問題になっていることですが、このような低用量ピルを使わずに、多くの男性と性交渉を行うことで、妊娠などが次々と発覚してしまい、医師や看護師さんが、赤ちゃんを殺す結果になってしまっているという事態が、たびたび起こっています。

これは、主に風俗嬢やキャバクラ譲が、お金目当てのために、または営業のために、複数の男性と性交渉を繰り返すことで、妊娠が次々と起こってしまうのですが、知識やお金を失いたくない、と言った理由からピルを使わずに性交渉を繰り返すことで、妊娠が続々と起こってしまうのです。

そのため、学会などでは、このような妊娠を防ぐためにも、学会で、低用量ピルについての認識を広めるべきであると、ニュース報道などで、上記のような意識改善を求めるために、報道などで提議がされています。